肘内障(肘の脱臼)

深夜からこんばんは、三ヶ森ハート整骨院です!

昨日は肘内障の小さな患者さまが見えました。

 

肘内障はいわゆる「肘がぬけた」状態です。

小さなお子様がいらっしゃる方は聞いたことあるかもしれませんね。

 

肘内障になると主に小児科や整形外科で整復をする場合が多いのですが

肘内障の整復動作

夜になってしまうと病院が閉まってるので、深夜まで診療している当院に来られます。 

整骨院では割とポピュラーな外傷(脱臼)なので、夜にお問い合わせの電話を頂いてお子様の泣き声が聞こえたら「肘内障かな?」と予見できます。

整復後はお子様がケロッとしてるので、割と軽く考えがちですが

しっかりと施術前の鑑別診断、整復後の確認動作をしないといけません。

大事なのは骨折でないことをよく確認してから、整復を行なうことです。

そういう時は整形外科をご紹介いたします。

 

とにかく2~5歳くらいまでのお子様は腕を引っ張らないようにご注意ください。大人の力で強く引っ張ると簡単に肘が抜けてしまいます。

ではでは(^^)/

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【23時まで受付の整骨院】
骨盤矯正・猫背矯正産後矯正・マタニティ整体
交通事故や労災もご相談ください。

■三ヶ森ハート整骨院HP

■093-883-7607

■お問合せフォーム

■ネット予約はコチラ

■インスタグラム(公式)

〒807-0846
北九州市八幡西区里中1-6-10

レビューをお願いしています!<(_ _)>

Googleレビューを書く

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇