腰椎椎間板ヘルニア

腰痛

椎間板という腰椎の間にある軟骨成分のクッションが何らかの原因で飛び出てしまい、そのため神経を圧迫し、足への放散痛や痺れなどの坐骨神経痛症状が出てくる疾患です。 年齢層では特に20~40代の若い年齢に多くみられ 、腰痛の方では 2~3割程度の人が腰椎椎間板ヘルニアを発症しているとのデータもあります。
筋肉を強く傷めてスパズム(縮こまり硬くなる)が生じると側湾が生じることもあります。 筋肉を傷めた腰痛で、症状としては患部に限局した痛みが強く出ます。

また、おじぎ(前屈)や体を横に倒した時(側屈)の痛みが出やすく急性のぎっくり腰などでは疼痛性の側湾が見られることがあります。

一般的に骨盤の歪みの原因は様々ですが、最も多いのは悪い姿勢からくる骨盤の歪みで、それによって起こる症状は様々です。
【長時間の前のめり姿勢】の影響は猫背を作るだけでなく身体のバランスを崩し、腰痛や肩こりを作り出します。

発症部位と症状

腰椎は5つあり、上の方からL1、L2など番号が当てられます。 これは腰椎の間の椎間板は、英語でLumbarと書くので、それぞれに番号を当てて第1腰椎=L1など名前がつけます。 ヘルニアの場合、どの場所でヘルニアが生じているかによって症状や呼び方が変わってきます。

腰部椎間板ヘルニア



・L1/2の腰椎椎間板ヘルニア 腰の上あたりに痛みが出ることが多い部位です。

・L2/3の腰椎椎間板ヘルニア 足の付け根やそけい部が痛んだり、だるくなったり、ときにはしびれたりします。

・L3/4の腰椎椎間板ヘルニア 太ももの前の部分が痛んだり、だるくなったり、時にはしびれたりします。

・L4/5の腰椎椎間板ヘルニア 腰痛の原因の中で、圧倒的に多いのがこの部分です。 骨は下にあるほど重力がかかりますから痛みやすい上、腰を曲げるのがこの部分になるため、圧力がかかりやすく負担が大きくなります。 症状としては、おしりから太ももの横、膝の下や、外側のすねが痛んだりしびれたりします。 親指の力が入らなかったり、足首があげられなくなります。

・L5/Sの腰椎椎間板ヘルニア おしりの真ん中、太ももの裏、ふくらはぎ、かかとから足の裏、足の小指がしびれたり痛んだりします。 アキレス腱の反射が弱くなり、つま先歩きができなくなります。ただし、腰椎椎間板ヘルニアであっても、足の症状が出ない方もいます。 進行によって症状が悪化しますので、ご注意ください。

ヘルニアの進行例

ヘルニアの進行例

① 腰の痛み(ぎっくり腰などで急激に起こる場合も含む)

② おしり、太もも、足の裏など、下肢のしびれ

③ 歩行困難(つえ、車いすを使用)

④ 排尿困難

ヘルニアの治療

当院ではヘルニアの治療に関しては運動療法と保存療法が第一と考えます。 しかし、痛みが激しく我慢できない場合や、膀胱直腸障害(尿失禁、尿が出にくい)などが出た場合は、この限りではなく、手術の適応の場合もあります。 腰部椎間板ヘルニアは下肢への特徴的な、神経痛や放散痛などの症状が強く出ることが多いですが、時間の経過と共に神経圧迫の度合いも弱まり、我慢できないほどの激痛からは解放されるという、そういう転帰の仕方が一般的です。特に椎間板内圧の低い遊離型のヘルニアの半数は、一般的に3~6ヶ月くらいで吸収がみられます。

腰部椎間板ヘルニアでは、安静と保存療法がとても大事で、理学療法や鍼灸治療は対症療法と割り切り、神経痛を抑える治療として単純に考えた方が良いと思います。

当院の治療では、干渉波やマイクロ波で深部に刺激を与えることで、患部へ働きかけていきます。 また腰部椎間板ヘルニアに対する専門的なマッサージ、手技療法を行います。

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の専門治療(腰痛や足のしびれ)

腰の腰椎の間の椎間板から髄核という物質が突出して神経根や脊髄を圧迫している状態で、症状は腰の痛みやおしりから太ももの後ろ、足の外側から後ろ側を走る痛みやしびれがでます。

腰部椎間板ヘルニアの専門治療



症状がすすむと痛みやしびれがひどくなり寝返りもうてなくなり夜も眠れなくなります。 多くは、右足か左足のどちらかの症状がひどく感じます。

また、太ももの後ろの筋肉が低下していく場合もあります。 そのまま放置しておくと半年から数年も痛みやしびれが続くこともあります。

また、首の動きや可動域が悪くなったり後ろに向けないといった例もあります。 朝に症状がつらくなるタイプや夕方以降につらくなるケースもあります。

事故の衝撃の強さや方向によって痛める症状も変わります。軽いと思った症状でも、放置しておくと後になって後遺症がでることがありますので早期に受診されることが大切です。

治療の流れ

ページの先頭へ