逆子の鍼灸

逆子の鍼灸

逆子の鍼灸治療で自然分娩を目指してみませんか?
一般的に『逆子』が問題になるのは、妊娠8ヶ月くらいで、28週くらいからお灸による治療が可能です。 30週くらいになると赤ちゃんが窮屈になり姿勢も固定し始めます。 28週以降で逆子なら、出来るだけ早く鍼灸を試されることをお薦めします。 逆子の灸治療では、治療開始が遅くなるほど成功の確率が下がってしまい、一般的には35週以降の矯正の成功率は3割以下と言われています。

逆子に対する実績あります

逆子が治った!

人が本来持つ“自ら病気やけがを治す力(自然治癒力)”
その力を高めるのが鍼灸(はりきゅう)治療です。医療現場だけでなく、スポーツや美容、福祉など多くの場面で鍼灸は用いられています。 この自然治癒力を活かしたのが「逆子の鍼灸療法」です、当院では28週から出産直前まで逆子に対する施術実績があります。

逆子治療のよくある質問

はり(逆子)

Q,何回くらい通えば治りますか?
症状、週数にもよりますが早くて1~3回、通常は5回以内で戻ることが多いです。(あくまで目安で個人差はあります)

Q,逆子が治っても、また戻ったりしませんか?
早い時期だと逆子に戻ることもありますが、33週~34週以降になると安定することが多いです。またお灸で逆子が治った場合は、また逆子に戻ることは少ないです。

Q,予約は出来ますか?
当院の逆子治療は予約優先となっております。お電話、又はメールでお問い合わせください。

Q,いつ行けばいいですか?
28週以降の健診で逆子と診断されていたらご来院を勧めています。 なぜなら逆子の場合、鍼灸の施術を開始する時期によって矯正率は変わってくるからです。 目安としては、28~32週だと高確率で頭位に矯正されますが32週を超えた場合、確立が徐々に下がってきますので、逆子と診断を受けた場合、早めにお灸を開始すると良いと思います。 これは32週を越えますと、赤ちゃんの体重が2000グラムを越えることが多くなり、お腹の中が窮屈になることで回転しにくくなるからです。 よって28~32週の時期が一番、鍼灸治療が適切な時期と言えます。 32週までならかなりの確立で頭位に矯正されていますが、32週を越えたとしても安全で苦痛もない治療ですのでやってみる価値はあると思います。
まずはお電話、又はメールでお気軽にお問い合わせください。

受付時間

診療時間

店舗紹介

三ヶ森ハート整骨院(三ヶ森院)

三ヶ森ハート整骨院(三ヶ森院)

午前 10:00 OPEN / 13:00 CLOSE
午後 15:00 OPEN / 23:00 CLOSE
※水曜・日曜・祝日:20:00まで
休日:第1日曜

TEL:093-883-7607

みずき整骨院(折尾院)

みずき整骨院(折尾院)

午前 09:00 OPEN / 12:00 CLOSE
午後 15:00 OPEN / 23:00 CLOSE
※祝日:18:00まで
休日:日曜

TEL:093-602-1803

ページの先頭へ