スポーツ障害とは

スポーツ障害

スポーツで生じる身体の故障には、瞬間的な外力によって起こる「スポーツ外傷」(骨折、脱臼、捻挫など)と、身体に過度の負担が繰り返しかかることによって、痛みなどの症状が慢性的に現れる「スポーツ障害」があります。スポーツ障害は早期に対処しないと重症化して、関節が変形したり骨が分離したまま直らなかったりと、日常生活に支障を生じることがあります。ただし、厳密に区別せず、スポーツ外傷とスポーツ障害を総称してスポーツ障害と呼ぶ場合もあります。

中高生にスポーツ障害が起こる理由

成長期にはまず骨が成長し、筋肉がそれを追いかけるように身体が作られていきます。男子の場合は高校1~2年生、女子は中学3年生ほどまでが成長期です。この時期の骨は、両端が軟骨になっていて、骨端線と呼ばれる部分から骨が伸びていきます。そのため、骨、関節は成人と違って構造的に弱く、強いけん引力、圧迫力が繰り返し働くと、傷ついたり変形したりして障害が生じやすいのが特徴です。

スポーツ障害の原因



主なスポーツ障害

中高生のスポーツでは野球が盛んですが、野球選手には投げ過ぎによる肘の障害である、野球肘が特に多く見られます。野球肘には、肘の内側に発生する内側側副靭帯損傷(内側型野球肘)と、肘の外側に発生する離脱性骨軟骨炎(外側型野球肘)の2種類があります。走ったりジャンプしたりするスポーツでは、膝蓋(しつがい)靭帯が脛骨(けいこつ)付着部からはがれて骨が出っ張るオスグッド・シュラッター病の発症率が高いです。前十字靭帯損傷も非常に多く、特に女子の場合はX脚が原因となるので、普段の姿勢から気をつけましょう。

野球肘

野球肘


オスグット病

オスグット

前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷



部位
傷害名
状態
原因となる動作
スポーツ

内側側副靭帯損傷(内側型野球肘)
肘の靭帯が軟骨の付着部からはがれたり、断裂したりする。
投球
野球

離脱性骨軟骨炎(外側型野球肘)
肘の外側の骨と軟骨が壊死する。はがれ落ちると、関節内を移動する関節ネズミになる。
投球
野球

上腕骨外側上顆炎じょうかえん(テニス肘)
肘の外側の筋肉付着部に過度のけん引力が働いて炎症が起こる
ストローク
テニス

オスグット・シュラッター病
軟骨と骨の境目に小さな骨折を繰り返し、脛骨が隆起する。
走る・ジャンプ
テニス・サッカー・バレーボール

前十字靭帯損傷
足が地に固定された状態で、膝にひねる力が加わり、靭帯が断裂する。
カット、ターン、急停止、ジャンプの着地
テニス、サッカー、陸上、バスケットボール、バレーボール、ラグビー、フットボール、柔道、スキー

腰椎分離症
小さな外力が繰り返し加わることによって、背骨の一部が疲労骨折する。
過度の背中を反る動き
野球、サッカー、水泳(バタフライ、平泳ぎ)

マレットフィンガー
指の正面に衝撃を受け、第一関節の指を伸ばす腱が断裂する。
ボールをキャッチし損なう
野球
足首
シーバー病
アキレス腱が絶えず引っ張られ、かかとの軟骨に障害を受ける。
絶えず走ったりジャンプをする
サッカー

治療の流れ

受付時間

診療時間

店舗紹介

ハート鍼灸整骨院 三ヶ森院

ハート鍼灸整骨院 三ヶ森院

午前 10:00 OPEN / 13:00 CLOSE
午後 15:00 OPEN / 23:00 CLOSE
※水・日・祝日は20時まで
休日:第1日曜

TEL:093-883-7607

ハート鍼灸整骨院 折尾院

ハート鍼灸整骨院 折尾院の外観

午前 09:00 OPEN / 12:00 CLOSE
午後 15:00 OPEN / 23:00 CLOSE
※土・祝日は20時まで
休日:日曜

TEL:093-602-1803

ページの先頭へ