野球肘(外側)

野球肘

野球肘は、肘投球動作を積み重ねることにより起こる肘の痛みで、症状は投球のリリースの際に肘に激しい痛みを覚え、投球を困難にさせます。
一球で野球肘になることはなく、長期間に渡る悪いフォームでの投球や過度の投球によって起こります。 初期はレントゲンではわからず、見逃されることの多い疾患でMRIによる正確な診断、広がりの把握が必要です。

この症状は骨がまだ完全に発達していない、10~15歳の男子によくみられます。 野球肘には外側型と内側型がありますが、内側型の場合は靭帯や尺骨神経の障害などで投球をセーブしながらの治療も可能で予後も良好です。 しかし外側型の場合に、離断性骨軟骨炎になっていると、長期間(半年~1年以上)の投球中止が求められます

この部分を上腕二頭筋の長頭が通ります。 スポーツで投球をしたり、指で押さえることによってこの部分に痛みが生じることがあります。 上腕二頭筋長頭腱炎は野球肩の障害の中でも多く見られます。

治療

症状が初期の状態では保存療法で治癒しますが、症状が進行してしまうと軟骨が剥がれて遊離体となってしまうことがあります。そうなると手術の適応になってしまいます。 よって治療では早期発見の保存療法が有効です。 野球をしているお子様が肘の外側を痛いと訴えている場合は気をつけましょう。

野球肘(内側の痛み)

野球肘の内側型は投球のしすぎによって、肘の内側にある靭帯や筋腱を伸ばして痛める症状で特に10~12歳くらいの小学生に多く見られます。 主にピッチャーやキャッチャーに多く、投球時の加速期や減速期において肘の内側にストレスが生じ野球肘を発生させます。 原因としては間違った投球フォーム、投球制限を越えた練習などがあげられます。

全力投球数は

小学生では1日50球以内、週200球以内。

中学生では1日70球以内、週350球以内。

高校生では1日100球以内、週500球以内

が投球制限とされています。

治療の流れ

使いすぎたことによって起きた、痛めた部分の炎症を抑えることが必要で、まずは安静とアイシングが重要になってきます。

また痛みのために首や肩の筋肉が緊張して硬くなり、痛みを起こすこともあるので首や肩の治療の併用して行うと効果的です。 予防においては、練習前の十分なウォームアップとクールダウンが重要となります。

テニス肘・ゴルフ肘

テニス肘

テニス肘は主に肘の外側を痛めるものでバックハンドテニス肘とも呼ばれます。 テニスの初心者やウィークエンドプレイヤーに多いとされ症状はバックハンドストロークを打つときにのみ痛みを感じる程度から始まり、進行するとラケットを握ることも出来なくなります。 そうなると日常の動作においても痛みが出現し雑巾を絞る、ドアノブを回すことで痛みが生じます。

ゴルフ肘

ゴルフ肘

ゴルフ肘の症状は肘の内側だけでなく外側にも痛みが 生じることがあり、クラブをスイングする時にに痛みが走りますが  ひどくなると肘を動かしただけで痛むこともあります。

地面にあるゴルフボールを打つ時は、クラブのフェース(表面)が玉の下部分に乗ってボールにバックスピンをかけながらインパクトの衝撃で前に飛ばすのが原理ですがボールは地面についていますのでクラブは当然地面に接触します。 スイングの精度が低かったり、戦略で強烈なバックスピンをかけたいときは地面を深く掘ることもあります。 スイングが確立していない子供や癖が付いてしまった大人の方に多く、地面を掘るときの衝撃は肘に対して負担がかかってしまいます。

特にゴルフのスイングは肘が伸びた状態でボールを打つので、地面を掘る衝撃は肘に対して100%伝わってしまいますの注意が必要です。 ゴルフ肘を予防するには肘に負担のかからないフォームが大事です。 悪いフォームのまま練習を継続すると、肘のみならず、肩や腰まで悪くなります。

症状が出たら普段はテーピングやサポーターなどで固定して、患部の負担を減らし、マッサージやストレッチ電気治療などの理学療法で疲労した筋肉を治療します。 練習中に少しでも異常を感じたらプレーを中断しアイシングを行うことが大事です。 肘の痛みがある時は練習場では100球以内にし、アプローチや素振り中心の練習にしましょう。

治療の流れ

ページの先頭へ